2019年5月11日土曜日

5月17日(金)〜19日(日)まで研修の為、不在です。

Blog.上では、すーーーーーーーっかりご無沙汰しております(新年の挨拶以来、すっかり放置状態でした!)。

以下、研修期間のご連絡です。
表題の通り、5月17日(金)〜19日(日)までの三日間は研修につき、お問い合わせのご回答等が20日以降となる場合がございますので、予めご了承ください。

以上、よろしくお願い申し上げます。

2019年1月1日火曜日

謹賀新年

皆様方にとって本年もより佳き一年でありますように♪

2018年11月29日木曜日

12月7日(金)〜9日(日)まで研修のため不在です。

12月7日(金)〜9日(日)まで研修の為、お問い合わせなどのご回答は12月10日(月)以降になる可能性がございます。
予めご了承ください。

2018年10月25日木曜日

11月1日(木)〜4日(日)までお休み致します。

久しぶりの投稿が休業日のお知らせでございます。
表題の通り、11月1日(木)〜4日(日)までお休みさせていただきます。
期間中もメールの確認は致しますが、返信などが遅れる場合がございますので、予めご了承下さい。

2018年9月12日水曜日

わはははは〜〜〜〜

Blog.、すーっかり放置しています!

先日、ホメオパス仲間に「放置しているBlog.は最悪。それならない方がいい」とバッサリ断言されました。
確かに全く活動していないように見えるから、営業ツールというよりはお邪魔ツールになっちゃうのかもしれませんね(特にBlog.で活動状況とか人となりをリサーチしているお客様予備軍にとっての切り捨ての判断材料になるというのもうなずけます)。
そういえば。
面白いな、と思ったのが、それとは全く逆の考え方の方もいらっしゃると言うこと。
「Blog.ばっかりあげているのは暇な証拠だから俺だったら選ばない」
そう言う彼のBlog.は毎年年始の挨拶だけが律儀にアップされているのでした(笑)

世の中、色々な方がいらっしゃるんですよね。

とりあえず。
Blog.は相変わらずほぼほぼ放置状態ですが、活動は進化&継続しておりますので安心して(?)お問い合わせ下さいね。
基本的にメールでのお問い合わせは午後10時くらいまでにいただいたものは当日中にご返信しております。遅くとも翌日にはご返信しておりますので、メールを送って2日以上経っても返信がない! という場合にはメールの迷子が考えられます。その場合には、お手数をおかけしますが再度メールをご送信くださいませ。

2018年6月11日月曜日

レメディーと身体の関係

昨日の記事の続きです(もう少しわかりやすい比喩で書いてみようとトライ!)

同じ固有振動数を持つ2つの音叉を用意して、一つの音叉だけを鳴らすと、もう一つの音叉も鳴り始める、という物理の実験があります。

ある特定の症状にマッチしたレメディーをとったとき、レメディーと身体の関係にも、それと似たようなことが起こっているんですよね。
音の鳴っている音叉がレメディー、音が鳴ってない音叉が身体と想像してみて下さい。
ある病気の症状像と同じ固有振動数を持つレメディーをとったとき、身体がそのレメディーの刺激に共鳴を起こすことで、バイタルフォースが発揮され治癒への道を歩み始める・・・。
で。
昨日の投稿であったレメディータイマーの仕組みはというと、レメディーにタイマーがあるのではなく、体が変わっていく課程でレメディーの固有振動数と共鳴しなくなった結果、タイマーみたいに働いているというわけなのですよね。

長期間、ある特定の病気を抱えていると体は病気になる方向に動くようになっていきます。
そこでレメディーの刺激が入る。
体が「お! 病気に負けちゃいかん!」と気づいて治癒の方向へと向かっていく。
すると体の持つ病気の症状像の固有周波数は徐々に変化をしていきます。
対するレメディーは、基本的には一定の固有振動数を保ち続けます。
で。
ある一定の期間が過ぎると、レメディーの固有振動数を感じない体に変化する訳です。
それで元気になっちゃえば問題はありません。
が。
慢性病の場合はそう一筋縄ではいきません。
体が病気になる傾向を持っているので、レメディーの刺激を感じなくなると治癒の方向ではなく再び病気に向かう方向へと向かっていくことになります。
調子が良くなっていればいるほど、治癒への方向へと向かっている身体にマッチした固有振動数を持つレメディーに変えていくのがおすすめな理由が少しは理解していただけるかしら??

当然のことですが、症状像とは似ても似つかないレメディーをとった場合には、上記のような事柄はおきません。
だからよく「間違ったレメディーをとったとしても、身体には何の影響もありません」といわれるのです。

あと。
強烈な症状の変化がある場合には、1〜1ヶ月半ではなく、場合によっては数日でレメディーを変える必要がある、ということもなんとなく理解していただけるのではないかと思います。

1〜1ヶ月半での再相談でレメディーを変える必要がある、というのは慢性症状の標準的なものであり、例外も当然ありということも頭の片隅に入れていただけると幸いです。

2018年6月10日日曜日

相談会でとるレメディーには実はタイマーがあります

ここ最近、個人的に「勿体ない!」と思うことが続いていたのでサイトに情報を追加すると共にBlog.にも併せて記載して注意喚起したいと思います。

相談会の時に再相談の時期についてお話しをしているのですが、私がお願いしているレメディーのとりかたが量がほとんど減らない嗅ぎ方式ということもあり、ついつい再相談の予約を先延ばしにされる方が多いんですよね(その点、飲む方式だと物理的にレメディーがなくなるので、先延ばし率は低いんですけどね〜。それでも私は基本的には嗅ぎ方式推奨派です)。

相談会の目安として「レメディーをとりはじめて1〜1ヶ月半位」とご提案しているのですが、その倍の2〜3ヶ月経ってから「レメディーは全然減ってないんだけど、最近調子が悪くなってきちゃって・・・」と再相談の予約をされるケースが結構あります。
私としては一番、勿体ない! と思うパターンなんですよね、これ。

なぜ再相談の推奨時期がレメディーをとりはじめて1〜1ヶ月半くらいが目安なのかというと、大概の場合、あなたのバイタルフォース(生命エネルギー)とレメディーの持つエネルギーがマッチする期間がそれくらいだからです。
一つのレメディーの刺激で健康への階段を上がっていくのには制限時間があるのです。あなたの症状とマッチしたレメディーを嗅いでいたら、レメディーの刺激を受けて健康への階段を軽やかに登り始めることが出来るようになります(=なんか調子が良くなってくる)。その状態のまま軽やかに階段を上り続けるには、一定期間内に再相談をしてレメディーの種類やポーテンシーを切り替えていく必要があります。いくら調子がいいからといって一定期間を過ぎたまま同じレメディーを嗅ぎ続けていると、徐々に調子が悪くなってきます。その時点で「・・・あれ? そういえば・・・」と再相談の予約をすると、せっかく順調に健康の階段を上がっていたはずが三歩進んで二歩下がる感じで先に進むことになり、ホメオパスから言わせるとちょっと(いや相当に)勿体ないことになるんですよね(すぐに希望する日時で予約が取れるとは限らないので、余計に時間だけが過ぎ去っていく危険性も高くなります)。
どうせ再相談をするのなら、相談会後に新しいレメディーが手元に届くまでの時間などを考慮すると、レメディーをとりはじめから1ヶ月くらいのタイミングで再相談をするのがお薦めです。
そのためには早めのご予約をお勧めします。


ホントは私の方で相談会の時に次回相談会の日時を決めた方がいいのかなぁ・・・、とは思いつつ、こちらから言うのも強制的っぽくて嫌だという個人的な考えでお客様からのご予約待ちという超受け身状態になっています(早めに予定決められないという方もいらっしゃるしねぇ。逆にスケジュール帳とりだして次回の予約をされる方もいらっしゃいます。人それぞれで面白いですよね)。